news

news

Notice|北斗・函館フットボールクリニック 5月22-23日-中止のお知らせ

いつもOSO SFLのイベントにご参加いただきありがとうございます。

2021年5月22-23日に開催予定の「北斗・函館フットボールクリニック」は、同月出された緊急事態宣言に伴い中止が決定いたしました。

なんとか他の方法で開催できないか模索しましたが、北海道の感染拡大の情勢を鑑みて中止の決断となりました。

クリニックを楽しみにされていた選手には、本当に申し訳ない気持ちで一杯です。

次回は6月26、27日(土日)の実施が決定しております。緊急事態宣言が明け6月に皆さんに会えるよう、準備して参ります。選手、ご家族の皆様におかれましては、どうぞご自愛ください。

OSO SFL6、7月のイベントについて

6月26、27日(土日):北斗・函館フットボールクリニック

7月30、31、8月1日(金土日):北斗・函館フットボールキャンプ
※詳細が決定次第、アナウンスいたします。

OSO SFL代表
隈崎大樹

leaflet210522-23-web

Notice | 北斗・函館フットボールクリニック 5月22-23日開催

OSO SFLは2021年5月22-23(土日)、北海道北斗市でフットボールクリニックを開催します。

継続してフットボールを学ぶことができる年間指導プランを作成!

3月に行ったフットボールクリニックには、たくさんの選手に参加いただきました。

そして5月からは「北斗・函館フットボールクリニック」として月1回の開催となります。

目的は参加する選手が体系的にフットボールを学べる環境を作ること。小学生の学年を2学年ごとに区切り、年間を通して学ぶべき項目を作りました。

作成には、OSO SFL代表・隈崎の指導仲間である森賢治に協力いただきました。森は2012年に渡西。現地のクラブで指導しながらスペインフットボール協会公認ライセンス・レベル2を取得しています。

年間指導プランに関しては、単にスペインフットボールの型にはめるのではなく、日本の育成年代で特に必要だと思う項目と上手く織り合わせながら作成しました。

leaflet210522-23_page-0002
北斗・函館フットボールクリニックのリーフレット。年間指導プランが掲載されている

このように学ぶ内容が俯瞰できることで、「学年によって特に学ぶべき要素」を選手自身が把握しやすくなります。

選手のみなさんには、「クラブ+クリニック」のハイブリッド体制で多角的に刺激を受けながらフットボールを学んでくれれば本望です。

予告! 7月30-8月31日に夏キャンプを開催!!

年間を通したクリニックの中に、キャンプを入れることでよりフットボールを深く学ぶことができます。

そこで今夏、7月30-8月31日にスペインでフットボール指導を学んだ日本人コーチによるキャンプを開催します!

  • 日本人として日本フットボールのルーツを持つコーチが
  • スペインのフットボールを現地で学び
  • スペインフットボールを「日本人フィルター」を通して指導に当たる

これがキャンプの特徴です。

選手へ伝える言葉選びやジェスチャー、トレーニングオーガナイズなど「引き出し」がたくさんあるコーチを招聘して、北斗・函館の選手に忘れられない体験をしてもらおうと思います!

現段階では、スペインのオフシーズンを加味してスケジュール等を調整していますので、詳細についてはもう少々お待ち下さい。

※キャンプについては変更・中止になる場合がありますので、予めご了承ください。

北斗・函館クリニック5月22-21日概要

北海道函館・北斗市、近郊にお住みの方は、ぜひご参加ください!

【日にち】
2021年5月22-23日(土日)

【会場】
北斗市運動公園多目的広場

【参加費】
3,300円(税込|2日分)

【時間】
小学1・2年:10:00-12:00
小学3・4年:13:00-15:00
小学5・6年:15:30-17:30

※場所・時間は2日間同じです
※参加費は全カテゴリー共通です

【お申込みフォーム】

お問合わせ種別は「北斗・函館フットボールクリニック5/22-23」を選択

お問合せ内容には以下の情報をご記入ください
・学年:
・所属クラブ:

    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号任意
    お問合せ種別必須
    お問合せ内容必須

    leaflet210320-21-rec

    Notice | CLINIC in Hakodate Vol.1 on 20-21 March 2021

    OSO SFLは2021年3月20-21(土日)、北海道函館市でフットボールクリニックを開催します。

    フットボールを含めた様々な「気づき」を感じてほしい

    函館はOSO SFL代表・隈崎の故郷で18歳まで過ごしました(2021年現在33歳)。大学進学を機に東京に移ることになるのですが、その当時のフットボール環境たるやギャップの連続でした。

    当時は「環境が人を育てる」なんて考えはなかったので、ただ目の前にあるボールを蹴っていました。今でこそ「なんでもっと早い時期に外に出なかったのか」と素朴に思います。

    話はそれますが、函館でどこの高校に行くか決める時、学校からペラ一枚のプリントが渡されます。そこには市内にある十数校が載っており、生徒はそこから志望校を決める、というのが「当たり前」でした。

    一方、東京では辞書みたいな分厚い本をドンッとおいて、何百校とある中から志望校を絞り出していきます。塾講師をしていた時、その光景を見て自然と「差」を感じてしまいました。

    東京だから良いとか、世界目線だからレベルが高いとか、そんな単純な話ではないですが、どこに住んでいようと色んな世界があることを早い時期に知っておくことは、努力するきっかけになりますし、「まだまだ自分なんて」と謙虚になる材料にもなります。

    私が函館でクリニックをやる理由は、フットボールを通した様々な「気づき」を得る機会になるはずだと信じているからです。

    教え子とともに継続的な実施に向けて

    2019年にはラ・リーガのレバンテU.D.カンテラ監督を招聘してキャンプを実施しました。

    >>LEVANTE U.D. CAMP HAKODATE 2019

    その時、保護者の方には「継続的に函館でイベントを開催できるようにします」とお伝えしたものの、翌年はコロナウイルスの影響で断念。歯痒い、そして申し訳ないという思いでいっぱいでした。

    現在も予断を許さない状況ではありますが、なんとか別の形にできないものかと考えた結果、教え子で現在は北斗スポーツクラブで働く岩谷 拓海コーチと連絡を取り合い、クリニックを開催する運びになりました。

    これからは継続的にクリニックを開催して、函館の子ども達が故郷を大切にしつつ外の世界にも目を向けるようにしていきたいと思います。

    函館にはダイヤの原石がゴロゴロ?

    これは私の主観ですが、函館の子ども達はとても活発でフィジカル能力が高い選手がたくさんいる印象を受けます。俗に言う「運動神経の塊」が、人口の割に多い感覚です。

    今の函館のフットボールはわかりませんが、私が高校までいた頃は「函館は縦に早いフットボール」とよく耳にしました。裏ポンが多いスタイルですが、裏を返せば上下運動に必要なスピードと持久力がある選手が多いということです。

    しかも、冬になると雪が降り必然的に「フットサル部」になるので、足元がある選手も多くいます。シーズンを通してフットボールができない弊害が、以外にも利点になっているのかもしれません。

    ただ、港町のせいか「せっかち」な選手が多い印象があります。「ためる」「崩す」「人を使う」「やめる」といった、グループ(チーム)プレーがなかなか成熟しにくいのは土地柄なのかもしれません。

    それでもベースとなるプレーを繰り返し行うことで、感化されるものがあると思います。

    函館の子ども達はダイヤの原石で、たくさん磨いてあげることで、もっともっと輝ける選手になると信じてクリニックの準備をしていきます!

    概要

    北海道函館・北斗市、近郊にお住みの方は、ぜひご参加ください!

    【日にち】
    2021年3月20-21日(土日)

    【会場】
    20日:浜分体育センター
    21日:北斗市スポーツセンター

    【参加費】
    4,000円(2日分)

    【時間】
    1・2年:10:00-12:00
    3・4年:13:00-15:00
    5・6年:15:30-17:30

    ※時間は2日間同じです
    ※参加費は全カテゴリー共通です

    当ページからお申込みしたい場合はcontactにてお問合せください。

    news

    writing | ライティング実績

    過去に執筆したライティング一覧です。

    photo-LEVANTE UD

    『「プレーモデルに選手を当てはめるのは間違い」レバンテが語るスペインの育成事情』(REAL SPORTS)


    photo-sakaiku
    photo=サカイク

    『サッカーを”職業”と捉える国に”習い事感覚”の日本が近づく方法』(サカイク)


    photo-sakaiku
    photo=サカイク

    『あなたのチームは「オープン」ですか?/FCトリプレッタ代表・米原隆幸氏のチームビルディング 前編』(サカイク)


    photo-sakaiku
    photo=サカイク

    『ジーコも称賛!ブラジルNo’1育成クラブの子どもの育て方』(サカイク)


    photo-sakaiku
    photo=サカイク

    『日本と海外の「差」から何を見出すのか/世界基準のジュニアスカウティング』(COACH UNITED)

    news

    サイトをリニューアルしました

    サイトをリニューアルしました。

    ホーム画面に「ポスト」「デザイン」「アクティビティー」の投稿を一覧できるレイアウトに変更しました。